うちに帰ろう、自分に帰ろう。

ひとり暮らし歴、8ヵ月。実家から小包が届くたび うるっ てなる。 307号室 専門学校女子学生

ずっしり重い段ボール箱。またお米でも送ってきたのかなって、可笑しくなる。開けてびっくり、カボチャがどん!ちょ、一人じゃ食べきれないしょ。「もうすぐ冬至ですね。風邪など引かぬよう健康第一、安全第一で。母」控えめなメモにぐっとくる。ツナ缶、板チョコ、やや奮発した感じの焼き菓子、佃煮に梅干。脇を固めるモノたちはいたってフツーの品々。そのフツーぶりに、やっぱり涙腺がゆるくなる。おかあさんて、いっつも変わんない。いっつも近くにいてくれるよね・・・。まずはカボチャをどうにかせねば。がんばって煮つけて、お隣りのおねえさんにお裾分けしようか。おかあさんが、ご近所にしてたみたいに。

次のページへ
※ロワストーリーはフィクションです。